本文へ移動

沿革

昭和35年6月に「商工会の組織等に関する法律」が施行され、3ヵ月後の9月1日に「三鷹市商店街協同組合」と「三鷹市工業協会」を中心に「三鷹商工会創立総会」が開催され、
2ヵ月後の10月31日に「三鷹商工会」の設立が認可された。東京都内で1番目の認可であった。
三鷹市は戦前から中島飛行機やそれを取り巻く関連産業と、それらを支える中小工場が集まる「工業のまち」であった。戦後も自動車や測定機器等に向けた金属機械加工、電気機械、精密機械を中心に工場数は増加し、昭和41年には多摩地域で2番目の出荷額を誇る工業集積市であった。
一方、商業関連では、昭和35年から昭和40年の間に、三鷹中央通りに大型商業施設「シヅオカヤ」、ショッピングセンター「三鷹センター」、「長崎屋」が次々と開店し、当時としては画期的な商店街の出現となり全国から注目された。
昭和43年に第1回「三鷹阿波踊り」開催、昭和46年には大手町の都立産業会館で「三鷹市優秀企業展」を開催した。
昭和53年には、念願の「三鷹商工会館」が完成し、自前の拠点を持つことができた。更に、平成元年に「三鷹ハイテクセンター」が完成し工業の集積地となった。
また、小規模事業者を対象とした融資制度「マル経融資」が昭和48年にスタートし、今日まで多くの事業所に利用されている。
この様に日本経済の復興、発展とともに歩んできた商工会だが、昨今の厳しい経済環境のもとでは商工会に求められる任務、役割も大きく変化している。この時代の変化を先取りし、会員のニーズに応えられる商工会の実現を目指して様々な施策を実行している。